おちんぞ

作業時のスレート屋根
踏み抜き落下事故を防止!

スレートの踏み抜きによる死亡事故は年間100件
前後発生しています。(事故は何千件も発生)

背景

多くの駅や工場・倉庫等に使用されている折板・スレート屋根は経年劣化しており張替え、補修の時期にきています。スレート屋根は張替えや塗り替え等の作業がしにくく、踏み抜き、落下事故が頻発しており問題になっております。そこで、作業時の効率化と踏み抜き落下事故を防止する為開発されたのが屋根足場おちんぞです。

屋根足場おちんぞを採用したことにより安全に安定した作業床が得られ踏み抜き事故防止と作業効率は上がり、鳶職との相番作業もなくなるため経費の削減にもつながります。

使用方法

アルミ道板4枚を作業床として使用します。アルミ道板は、両側のガイドレールに沿って矢印方向へ回転し後方へ移動し次の作業床とし使用します。道板の移動後ガイドレールも後方へスライドすることで施工場所の移動となり、道板で隠れた下部も施工が行えます。また、4枚の道板は2枚づつ使用することで巾400㎜の安全な作業スペースを確保出来ます。

規格・寸法

寸法:W-1,100×L-1,700×H-350mm
器材:ガイドレール枠・特殊道板4枚

■道板の動き

■新聞3社に掲載

■作業用折板・スレート屋根作業用足場

『おちんぞ』は作業床として
使用することで安全確保と
落下防止にもつながります。

屋根足場おちんぞ
お問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせ
ご相談はこちら

TEL.092-781-7306

【営業日】月~金 9:00~17:00 

ホームページからの
ご相談はこちら

© 株式会社 富士エコ研究開発.All Rights Reserved.